「マニフレックス」デメリットもしっかり理解しよう

最高の寝心地で腰痛改善にも効果が期待できる「マニフレックス」にもデメリットは存在します。

何も知らずに購入してしまうと、もし問題が起きたときに対処できずに損したように感じてしまうこともあるかもしれません。

あえてデメリットを知ることで、あらかじめ対策や心構えができるので失敗はなくなると思います。

1.カビが発生しやすい

カビの発生は「マニフレックス」の口コミでも、最も多くみられるマイナス意見です。

どういうことかというと、「マニフレックス」の代名詞と言える芯材「エリオセル」は、オープンセル分子構造という作りになっており、
空気や水を呼吸するように吸収、発散することが出来る構造になっているのです。

つまり睡眠時で言うと、効率よく汗を吸い取ったら、それを発散させるという仕組みです。

ですが、この通気性の良さが逆に問題になることがあるのです。

実はエリオセルは、空気や水を発散する「放湿性」よりも空気や水を効率よく吸収する「吸湿性」の方が優れた構造になっているそうなのです。

つまり、睡眠時の汗をどんどん吸い取り過ぎて発散が追いつかず湿気がマットレスの裏側に溜まってしまうのです。

これがカビが発生しやすい原因です。

そもそも「マニフレックス」は元々イタリアの気候や住環境を研究して開発されたマットレスです。イタリアの気候というのは非常に空気が乾燥していますし、住居に関しても通気性の良い石造りが多かったりします。

そのため気候は多湿で、住居も機密性の高い家が多い日本において適しているとは言いづらいのです。

〈対処法〉
そこで推奨されている対処法がこちらです。

部屋干しして湿気を逃がす
週に一回は直射日光を避け、風通しの良いところで陰干しする。

ローテーションで湿気を溜めない
定期的にマットレス本体の向きをローテーションすることも湿気を溜めない方法として効果的です。

除湿シートを活用する
マニフレックスの場合、湿気はマットレスの中をすり抜け、下の方に溜まる傾向にありますので、除湿シートの併用は下に溜まった湿気を除去するのに非常に効果的です。
※マニフレックス製品に相性ばっちりのマニフレックス純正のマニシートネオも購入することができます。

2.長期保証に落とし穴がある

「マニフレックス」は、10年を超す他のマットレスとは一線を画す長期保証が付いています。

保証の対象となる内容は


高反発フォーム「エリオセル」「エリオセルMF」の変形

・保証期間以内に復元力の低下で変形が生じた場合


このようにマットレスの芯材の不具合に関して保証されているようです。

…お気づきでしょうか?

そうです。

カビの発生に関しては保証対象になっていないのです。

保証が付いているからといって安易に考えているとこのようなときに後悔することにまりますので注意が必要です。

 

保証を受けるための工程がめんどう
マニフレックスの保証は購入店を通してしか行うことができません。

購入店に連絡

保証期間・保証内容・現状の確認を行い、回収してもらう日時を相談

購入店から届く着払い伝票と送付用の紙袋に購入時についているヒモとクリップを使用し、マニフレックスを発送

購入店がマットレスのヘタリ具合を確認
(※購入店での判断がつきづらい場合、メーカーの代理店でさらなる確認作業を行い、保証の可否の判断をすることになり、一週間ほどかかることもあります。)

このように保証を受けるのも楽ではないのです。

マットレスとは、寝るためのものです。「マニフレックス」は、その寝ることに関してはたくさんのメリットがあり間違いなく最高の寝心地が手に入ると思います。

しかし、安価ではないですし、上記のような注意すべき点もありますので、自分に合ったマットレスを慎重にじっくり吟味して選ぶことをオススメします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です