「マニフレックス」で腰痛を改善させよう

「マニフレックス」は腰痛改善に必要なマットレスです。

・朝起きるときに腰が固まってしまい、ピキッといってしまわないように恐る恐る起きなければならない。

・体勢を変えるときに痛みで思うように動けない。

そんな苦痛の日々を過ごされている方も多くいます。

痛みがつらくて整形外科に行ったりしても、

「レントゲンでは異常なさそうですね。疲れがたまってるんでしょうね。まず痛み止めと湿布出しときますんで、これで様子を見られてください。」

「……終わりっ!?こんなに痛いのに!」

というようなもどかしい経験をされたこともあるかと思います。

長時間待たされて、そのような思いをするくらいなら、「マニフレックス」を購入されるほうがよっぽど改善が見込めると思います。

 

では、まず朝の腰痛の原因は何なのでしょうか。

いろんな原因が考えられますが、主に

①日々の筋肉の疲れが十分に回復できていない

②その筋肉を休めるための環境、姿勢が悪く睡眠時の血流が悪い

の2つが圧倒的に多いです。

これが解決できずにそのままにしておくと、疲労の積み重ねによりギックリ腰、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などより重篤な症状になりかねないのです。

長時間歩けない、座れない、シビレがとれない、毎晩足がつって激痛の日々など…

本当に苦痛です。

あまり想像したくないと思います。

そうならないためにも、先に述べた2つの原因を早いうちに解決してあげなければなりません。

その2つの原因を同時に解決する方法が、「体に合った寝具」、「体の負担を減らしてくれる寝具」を選ぶということなのです。

そこで、身体に合った寝具を選ぶとなると、何を選ぼうとするでしょうか?

ふかふかで寝心地が良さそうな高級羽毛布団、または今流行りの「低反発のマットレス」を思い浮かべる方も少なくないでしょう。

これらも確かに寝心地の良さが期待でき、深い眠りにつくことができるでしょう。眠りが浅い、リラックスしたい!という方には大変オススメです。

しかし、それは腰痛持ちには逆効果です。

実は、ふかふかの羽毛布団や低反発マットレスは腰痛持ちにはむいていないのです。

理由はいくつかあります。

1、体が沈み込みすぎる

体圧が大きい腰からお尻まわりが沈み込みすぎると背骨の弯曲が大きくなり負担が逆に大きくなってしまいます。

2、不十分な寝返り

体が沈み過ぎると寝返りが打ちづらくなります。これは腰には非常に良くないことなのです。私たちは寝返りをすることで睡眠中の血流をスムーズに保つことができます。寝返りを打てなくなると、寝具と接している腰の面の血流が滞ってしまい筋肉を硬くしてしまうのです

 

実際に低反発のトゥルースリーパーを購入して数ヶ月使ってみましたが、通販番組の通りふわぁーっと体が沈み込み、寝始めはものすごく気持ちが良くすぐに寝てしまいました。

しかし、数時間後腰が硬く感じ、すごくつらいのです。寝返りを打とうとしてもなんかスムーズにいかないというかイマイチなんです。結果違和感が残るまま朝をむかえ、腰がパンパンで動かせませんでした。

また、気温によって硬さが変わってしまいます。寒いときはやや硬く、暑いときはふにゃふにゃで余計に沈み込みが強くなり、腰痛持ちにとっては寝れたもんじゃありません。

では、腰痛持ちが選ぶべき寝具は何なのか?

腰痛持ちの方は実は、イメージとは逆に「高反発」のマットレスを選ぶべきなのです。

そこで活躍するのが圧倒的な知名度と歴史を誇るマニフレックスというわけです。

「高反発」にあまり馴染みのない方も多いかと思いますが腰痛の方にはメリットがたくさんあります。

【特徴】

エリオセル

「マニフレックス」は独自開発の次世代高反発フォームであるエリオセルが全種類にしようされています。

このエリオセルは硬さのバランスを考えて作られ、弾力性と復元性の両方を兼ね備えています。通常反発力や復元性を出すにはスプリング使用しなければなりませんが、スプリングはやはり長期間使うことでへたりやすいデメリットがあります。

ですが、「マニフレックス」では長年の研究の末スプリングを使用せずに反発力や復元性を出すことに成功したのです。

高反発のフォームであるため、気温によって変化することがなく、季節に関係なく1年を通して使用感を変えずに利用することが可能で、体圧もバランスよく分散してくれるため体への負担も軽減してくれるのです。

また通気性も非常に優れています。

通常のポリウレタンフォームは、空気や水が通り難い通気性の悪い性質になっており、蒸れやすい特徴があります。

ところが、エリオセルはオープンセル分子構造という特殊な構造のため、空気や水を呼吸するよう吸収してくれるため、睡眠時の汗を吸ってそれを発散させてくれます。そのため通気性が高いのはもちろんですが、空気も一緒に含んでくれるため冬は暖かくして寝ることもできるのです。

エリオセルが腰痛持ちの方に及ぼすメリットは以下の通りです。

1. 体圧を分散してくれると同時に、しっかりと身体を支えてくれる

「高反発」と聞いてものすごく硬いイメージが湧くかもしれませんが、そんなことはありません。表面の手触りは柔らかくイメージとは全然違います。なおかつ「低反発」に比べ押し返す力が働くため、体圧が大きい腰からお尻まわりが沈み込みすぎるということは全くなく、バランスよく身体を支えてくれ、筋肉を休めるための理想の姿勢を常に保つことが可能です。

2. 寝返りのしやすさ

「高反発」はしっかり体を押し返してくれるので非常に寝返りが打ちやすく、無駄がなく効率のいい寝返りができ、本来すべき適正の回数の寝返りをうつことができます。姿勢が長時間とどまることを防ぎ、睡眠時の血流を正常に保つことができます

3.種類が豊富

「マニフレックス」はさまざまな種類が存在し、体重が重い方は硬めマットレス、汗かきの方は、通気性が良いマットレスなど、自分に合ったマットレスを選ぶことができます。種類が豊富な分、必ず自分の理想とするマットレスが見つかるでしょう

4.  優れた耐久性

「マニフレックス」はドイツの工業規格LGA-GERMANYの認定も受けています。
厚みが半分に圧縮されるようにプレスし、その工程を8万回繰り返した結果、厚みの低下率が2.5%(LGA基準の5%以下)、弾性の低下率9%以下(LGA基準の30%以下)という圧倒的な結果を出しています。

さらに返品はできないものの、最大15年の長期保証付き、これもまた自信のあらわれです。

つまり、より長く腰痛改善効果を受けることができるのです

このような点から、「マニフレックス」は最初に述べた①②の二つの問題を一気に解決することができるのです。

まとめると、朝の腰痛を改善させるには、

・体圧を分散させ、身体が沈み込みすぎないようにすること

・寝返りをしっかり打つこと

・そのために低反発ではなく、しっかり身体を支えてくれる高反発のマットレスを選ぶこと

「マニフレックス」はこれら全てに対応できますので、一度試してみてはいかがでしょうか?朝の腰痛はかなり改善されるかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です